わこのりのブログ

大切な人を亡くしました。ずっと元気なままの姿の彼…何の為に生きるのか、彼の為に何が出来るのか…途方に暮れる毎日です。

漫画レンタル

カウンセラーにどちらでもいいと言われたけど…

彼が好きだった漫画を借りて、読んでみることにした。

昨日レンタルしたのに、もう届いた。

今は早いのね。

なんだか彼に会えるようなワクワク感で漫画を楽しみにしている自分がいた。たかが漫画なのにね。

今回は13冊なので、すぐ読み終えそう。


今まで本が好きで沢山読んでいたけど、何故だか、今は全く読む気がしない。

大切な人を失うと、今までやっていたことが出来なくなる。というより、やる気が起こらない。

彼に結びつけるのが嫌なのか、その時幸せだった自分を思い出すから嫌なのか…よく分からない。

毛玉

今日は寒かった…

犬は毛むくじゃらで暖かくていいなーって思うけど、それなりに寒いみたい。

丸まって寝てた笑


今日は録画していた、DESTINY鎌倉物語を見た。

夫婦っていいな。

現世から黄昏の国に行くんだけど、そこでは先に亡くなった人達が待ってるんだよね。

私も寿命を終えたら、彼が待っていてくれて、そこで一緒に暮らせるのかなぁ。

亡くなった人がこの世に残りたい時、方法がいくつかあって。幽霊になったり、近しい人の寿命を縮めたり。彼に私の寿命をあげたい、なんて思ったり、彼ならどうするかな、黄昏の国で何してるのかな、とか。色々と想像力をかきたてる良い映画だった。。

寿命を終えたとき、彼に会える気がしてきた。。

おーい、待っててね。

グリーフ

彼を亡くして、この先どうしたら良いのか途方に暮れていたとき、本屋で「愛する人を失ったとき、あなたに起こること」という本を見つけ、そこで初めて「グリーフ」という言葉を知りました。

グリーフとは、悲嘆、深い悲しみなどと訳され、「死別による悲しみや苦痛のこと」と書いてありました。

私も同じように、心が苦しく、痛く、死別の悲しみで途方に暮れていたので…


心理カウンセリングと並行してグリーフカウンセラーの人とも出会いました。


グリーフカウンセラーの方は、同じ経験をされた方だったので、凄く心が救われました。

友達の何気ない言葉に傷ついて、もう誰に話していいのかわからなかった私にとっては、心の拠り所になってました。

とても印象的だったのは…

毎日辛くて悲しくて、彼に会いたい気持ちで心がどうしようもない時、どうしたらよいか?と相談したら、「ただ泣くしかない」と…深い言葉が心に響きました。


グリーフカウンセラーの方が一緒に乗り切りましょう、と。



彼と一緒に見た好きな風景。。

夜はダメだ…会いたいな。